花器(木製 漆塗) [CG-001]

花器(木製 漆塗) [CG-001]

販売価格: 50,000円(税込)

希望小売価格: 50,000円

商品詳細


花器(木製 漆塗)
高級感あふれる、しっとりとした雰囲気をかもす木曽漆塗りの花器です。漆を幾重にも塗り重ね、ツヤのある透漆(すきうるし)を塗り上げています。見た目の重厚感とは違い、木製のためとても軽量なことも魅力です。

本体/W319mm×H80mm×D163mm


優しい質感と、落ちついた色合いが魅力です。
あでやかなのに派手ではない、落ちついた品の良さが魅力の漆器。木曽の漆器ならではの高級感あふれる花器の登場です。そこにあるだけで和みを感じる黒漆の花器は、花々を生ければその彩りをひときわ鮮やかに際立たせてくれるでしょう。

あまりお目にかからない漆の花器は、常に水を張っているため染み出すのでは?とのご心配は要りません。木曽の優れた曲物(まげもの)技術で木材を丁寧に形成(曲げ)し、樹皮できっちり縫合しています。黒漆は幾重にも塗り重ね、ツヤのある透漆(すきうるし)を最後に上塗りしております。『軽くて丈夫、劣化の心配の少ない生活用具』が木曽漆器の信条です。

ツヤのある黒漆の花器は、季節や生ける花の種類、ボリュームを問いません。花器が美しいゆえに花々もさらに際立つとも言えそうです。お部屋の和洋いずれも良く似合う、しっとりとした雰囲気の漆塗り花器。良質を知るあの方へ、心のこもった贈り物としても喜ばれそうです。


細部にわたり丁寧に塗りを重ねています。
木曽漆器は400年の歴史をもつ伝統工芸品です。木曽産の良材を丁寧に形づくり、漆で塗り上げた、ひとつひとつ手作りの工芸品です。とても軽いのに丈夫、落としても簡単に割れません。古くから生活の道具として使われてきた木曽の漆は、箸や弁当箱などにも利用されています。口に入れても安全で安心の国産材料です。

漆器は丈夫で思いのほかお手入れもラク。使わないときはやわらかい布で水気を拭き取り、乾燥させてから仕舞いましょう。何年でもツヤのある美しい状態でご使用いただけます。